入所に関するご案内

ワークあけぼの(就労継続支援B型事業所)
手続き及び利用までの流れ
1.市役所にて申請手続き及び計画相談支援事業所を選択。
2.当事業所への見学して頂き、面談の日時を決める。
3.見学当日、面談をして”ワークあけぼの”の主な作業内容や必要事項を説明するとともに、受給者証、主治医の許可があること(知的障害者は除く)、家族の理解があることなどを確認させて頂きます。
4.体験実習
 9:00~15:30までの3日間作業をしてもらい、作業が可能か判断してもらいます。
 (半日の場合は、2日で1日とみなします)
5.利用者登録
 体験実習終了後、作業が継続可能であることを確認し、ご本人が利用を希望される場合、ご家族とともに利用契約を締結いたします。

 詳細につきましては、”ワークあけぼの”までお問い合わせください。
あけぼのホーム山陽小野田(共同生活援助外部サービス利用型事業所)
手続き及び利用までの流れ
1.施設見学
2.体験入所
  希望者は1週間程度入所が可能です。
3.面接(下記書類の提出要)
  ①医師の意見書
  ②あけぼのホーム山陽小野田利用情報提供書
  ③看護サマリー(入院患者のみ)
  ④日中活動先の決定
4.障害福祉サービスの利用申請(住所地の市町村役場)
5.契約
  ・身元引受人(保証人)1名が必要で同席が望ましい。
  ・あけぼの会に入会が必要。

 詳細につきましては、”あけぼのホーム山陽小野田”までお問い合わせください。